加茂川啓明電機株式会社

ホーム > 導入事例 > 道新興業株式会社殿 すえひろ太陽光発電所

導入事例

道新興業株式会社殿

すえひろ太陽光発電所

導入の経緯

道新興業株式会社殿より北海道道東地区北見市内の1200kWメガソーラー発電所建設を当社が元請として受注し、2013年5月より着工。そして同年10月4日に北海道電力株式会社殿へ連係を開始 。

 01_IMGP0402.jpg

システム概要

設備名称:すえひろ太陽光発電所
所 在 地 :北海道北見市末広町389番地2
設備概要:太陽電池容量 1200kW 国内メーカー製 4784枚
     パワーコンディショナー(型式 東芝三菱産業システム㈱製 PVL-L0500 500kw×2台)
     基礎(道新興業㈱製 軟弱地盤対応型基礎)

 
・施工状況写真 

  04_IMGP0038.jpg

 05_IMGP0008.jpg  06_IMGP0312.jpg

導入の効果

地球温暖化に重大な影響を及ぼす二酸化炭素等の温室効果ガスを排出しないクリーンな発電設備として、毎年1,430,000kWhの電力を発電。これは約400戸の一般家庭が使用する電気量に相当します。(一般家庭の年間資料電力を3,600kWhとして算出)

クライアント情報

*クライアント名:道新興業株式会社
*所在地:北海道北見市末広町389-2
*電話:0157-24-1212

ページのトップへ
加茂川啓明電機株式会社